自毛植毛のメリット・デメリットについて

 

自毛植毛とは、健康な後頭部の毛髪を薄くなった前頭部に移植する方法です。人間の皮膚は他の箇所に移植することが可能であることはご存知ですよね。それと同じように髪の毛の毛母細胞も移植が可能ですから、自毛植毛技術が開発されたのでした。自毛植毛の方法にはいくつかありますが、植毛ロボットを使った方法があります。人間の手移植する場合とは違って、ロボットの方が上手ですから効果的な方法です。まずメリットとして大きいのは、自毛植毛は皮膚を切開する必要がないことです。小さな傷が毛のは生えている部分につきますが、非常に小さいのです。傷みもほとんどなくて、治りも早いので安心です。医師の手での移植もありますが、医師の腕の良さにかかってくるので完璧ではなくなってきます。デメリットとしては、施術をする時に後頭部を刈り上げていく必要があるので、その間は人の目を気にしなければなりません。帽子を被るとかしなければなりません。そしていくら自毛植毛をしたからと言っても薄毛は体質的な面が原因ですから、施術後にも薬による薄毛対策を行なっていかないといつまでの健康な髪の毛は維持できません。

 

自毛の植毛